ココロノコトワリ

心を豊かに、心にゆとりを。心理学や哲学、自己啓発など心を豊かにする情報や 心にゆとりを持てる考え方、生き方、お金にまつわる話などとにかく心を豊かにしてゆとりをもつモットーにしたブログですっ!

専門家がジャッジ あおり暴行逮捕・宮崎文夫容疑者の「精神構造」

 茨城県守谷市の常磐自動車道で今月10日、あおり運転をした上、乗用車に乗る24歳男性に暴行したとして傷害の疑いで指名手配されていた会社役員・宮崎文夫容疑者(43)が18日、大阪市内で茨城県警に逮捕された。暴行時に一緒にいた会社員喜本奈津子容疑者(51)も犯人隠避容疑などで同日、逮捕された。宮崎容疑者は身柄確保される際に「自分で出頭する」「無理やり乗せられるやん」と抵抗し、最後まで悪あがき。ほかにも複数のあおり運転疑惑があり、常習性がうかがえる男の精神構造を専門家がジャッジした。

 指名手配から2日。宮崎容疑者の身柄が確保されたのは大阪市の自宅マンション近く。18日午前11時ごろ、捜査員らが帽子にサングラス、マスクをして長袖の服を着た同容疑者を取り囲んだ。
 任意同行を求めた警察に対し、同容疑者はガラケーを手に持ったままわめき続けた。テレビカメラを見つけるや「すみませんでした。悪い部分があれば会社としても個人としても責任を取る」と釈明する場面も。

 さらに「(所轄の)東住吉署には非常に苦い思い出があるから嫌なんです。生野署に出頭する。(警察は)後ろを張り付くように付いてきてください」と身勝手な主張を繰り返した。

 現場では殴打事件時にガラケーで被害者を撮影していたとみられる喜本容疑者も帽子、サングラス、マスクで顔が分からないように“完全武装”で傍らにいた。宮崎容疑者は喜本容疑者に対し、「カメラに向かってしゃべれ!」と指示。喜本容疑者は「私たちは逃げも隠れもしません。相手方があおってきた。真実を話します」とこちらも釈明した。宮崎容疑者が連行されると「ひどすぎる!」と奇声を上げたが、喜本容疑者も別の警察車両で東住吉署に連れて行かれ、逮捕となった。
 宮崎容疑者の逮捕容疑は10日午前6時15分ごろ、常磐道上り線の守谷サービスエリア付近で走行していた男性の車を停止させ、「殺すぞ」と怒鳴ったうえで複数回殴り、けがをさせた疑い。「殴ったことは間違いない」と話しているという。

 宮崎容疑者は7月21日に横浜市内のディーラーから代車として車を借り、同23日に愛知県内と静岡県内でもあおり運転をしていたことが確認されている。守谷市で事件を起こした翌日の8月11日に代理人が車を返却していた。
 それだけではない。宮崎容疑者のインスタグラムには傷だらけになった黒色のカイエンターボの画像が掲載され、10トントラックに追突されたと記述。「事故発生当日から起算して2ヶ月経過するも相手方及び相手方保険会社から何らの連絡等一切なし」とし、さらに修理代が100万円以上かかると明記した上で連絡を求める内容になっている。

 しかし、容疑者のものとみられるこのカイエンはツイッターユーザーから今年1月に「悪質な運転」をすると指摘されたナンバーと同じ。3月にも被害報告があり、あおり運転で事故を誘発させ、保険金や示談金をせしめる当たり屋ではないかとの指摘もあった。
 宮崎容疑者は大阪の進学校を卒業後、有名私立大学へ。民間企業で勤めた後、祖父が持っていたマンションを受け継ぎ、不動産会社を始めた。昨年3月には京都府内でタクシー運転手に対する監禁容疑で京都府警に逮捕されてもいた。一方、インスタでは名古屋のホテルでキザな写真を撮ったり、料理の写真を載せたりとボンボン生活を謳歌していた。

 宮崎容疑者の精神構造について、警視庁元刑事で犯罪心理学者の北芝健氏は「典型的な独りよがりの犯罪者タイプ」と指摘。
「人を上下で見る。強いものには弱く、弱いものには強い。女の前ではかっこつけるタイプでもあるのでしょう。高級車に乗っていたということで、普通車を下に見ていた。抜かれたり前にいたりする車に対して『テリトリーを踏みにじられた』という感覚になってしまう。ボンボンで人生経験が足りないからで、彼のためにも厳しい処罰が必要です」
 昨今はあおり運転の被害が多いが、逆に言えばあおり運転をする人が増えているということでもある。「警察に聞くとあおり運転をする人はものすごく多いそうです。ただ、因縁つけようとした相手が怖い人だとやめちゃう。彼もそのタイプでしょう」(北芝氏)
 今回の被害者の男性は不覚にも窓を開けてしまった。「開けてはいけません。閉めたまま110番すれば警察が来ますから。また、追い越し車線に居続けないなど対策も必要です」(同)
 弱いものにだけほえる狂犬なのだ。

転載元:
東スポWeb - ライブドアニュース