ココロノコトワリ

心を豊かに、心にゆとりを。心理学や哲学、自己啓発など心を豊かにする情報や 心にゆとりを持てる考え方、生き方、お金にまつわる話などとにかく心を豊かにしてゆとりをもつモットーにしたブログですっ!

子どもは甘やかして育てるとストーカになる

好きな人に振り向いてもらいたいのは誰でもが持つ恋愛感情。
恋とストーキングの違いは相手を理解しているかどうか。
人を理解できる子どもにするには、甘やかさないことです。


2000年11月に、いわゆるストーカー規制法(「ストーカー等の規則等に関する法律)」が
施行されたのは皆さんのご存じの通りです。
ときには殺人事件にまで発展するケースもありますからたかがストーカーと侮れません。

『人はなぜストーカーになるのか』(文春文庫)の著者、
故・岩下久美子さんは、「ストーカーの愛情欲求は3、4歳レベルである」
「子育てによる虐待と過保護。相反する極端な子どもへの接し方がストーカーを生む」と記しています。

ストーカーになるのは、親にすべて責任があるというわけではありませんが、彼らは
まるで母親の愛情を無心に求める子どものように、相手に対する思い募らせることがあります。

好きな人に会いたい、振り向いてもらいたいという気持ちは、恋をした人なら誰にでもあります。
独り占めしたいという気持ちになることもあるでしょう。

この、誰もが持つ恋愛感情とストーカーのどこが違うかといえば
「相手が嫌がっているかどうか。そして、それを理解できるかどうか」という点です。

小学校高学年になると、人は相手の立場も考えながら物事を判断できるようになります。
これを「相対的関係性の認知」といいます。
相手の立場を考えることによって、ひとには思いやりや優しさが生まれます。

ところがストーカーになる人はその認知度が低く、自分の愛情欲求ばかりが先走ります。
「妄想性認知」といい、実際には相手が恋愛感情を持っていないのにもかかわらず
本人は愛されていると信じて疑いません。そして、まわりの人が指摘しても訂正することはありません。

しかし現実には相手は振り向いてはくれません。
そこで現実と妄想の溝を埋めようとしてストーキングを始めるのです。

子どもをストーカーにしないためには相手の立場に立ってものを考えることの大切さ
何でも思い通りにはならないことを教え、我慢することを覚えさせることです。