ココロノコトワリ

心を豊かに、心にゆとりを。心理学や哲学、自己啓発など心を豊かにする情報や 心にゆとりを持てる考え方、生き方、お金にまつわる話などとにかく心を豊かにしてゆとりをもつモットーにしたブログですっ!

幼い頃、うんちを我慢しているとサディストになる?

わが子が動物をいじめているのを見て、
ショックを受けたことはありませんか?
フロイトによれば、子どもは全員サディストなのです。

他人に肉体的、精神的な苦痛を与えることで性的な快感や満足を感じるのが
サディズムで、逆に他人から肉体的·精神的な苦痛を与えられることで性的な快感や満足を感じるのがマゾヒズムです。この2つは苦痛を与える対象が違う
だけで、深層の欲求は同じものだと考えてよいでしょう。
ジークムント・フロイト(精神分析学の創始者)によれば、乳児が母親の乳房をかむことに満足を感じたり、幼児が親の意に反抗してうんちを我慢したり、排泄したりすることに快感を覚えたこ
とが忘れられないために起こるのがサディズムだといいます。
フロイトは、サディズムは攻撃欲や征服欲と同じ行為で、すべての人が(その大小はともかく)として持っており、幼い子どもは全員サディストだといっています。


ちなみに、アメリカのジョーゼフ·ワイドラ博士は、人は低血糖の状態にあるとサディストになるという、ユニークな説を唱えています。また、性的な快感はすべてマゾヒズムに通じるといわれています。

肉体的な快感は圧迫や抑圧され、それが頂点に達し解放されることによって得られます。

満員電車にぎゅうぎゅう詰めにされ何十分も走った後、ホームに吐き出されたときの快感は何ともいえません。
この解放感を得たいために人はマゾヒズムに走るというわけです。
マゾヒズムのひとつの原因として挙げられているのが、幼少期に受けた性的虐待です。

性的虐待までいかなくても、冷たく扱われたり人格を否定するような扱いを受けると、大人になった後もその記憶がマゾヒズムを生み出します。


ちなみに、脚や脇の下など、女性の体の特定の一部分だけに興奮することを
フェティシズムといいますが、これも幼児期の体験が大きな影響を与えて起きる性癖です。
幼い頃に性的興奮を感じたときに、
たまたま目にしたある部分がフェティシズムの対象になることがあります。