ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

恋人を誉めるときは、最初にけなしておくと効果的

1から10まで誉めてもうれしくないというのですから、人間の気持ちは不思議なものです。誉めるときのために普段からけなす材料を探しておきましょう。

 

 

誰だってけなす人よりも誉めてくれる人に好意を持ちます。だから、あなたも彼を大いに誉めてあげましょう。
しかし、単に誉めたのでは効果はいまひとつです。


アメリカの心理学者、エリオット·アロンソンとロバート·D·リンダーが行なった実験によると、実に興味深い結果が出ています。

被験者は4つのグループに分けられ、X氏から次の4つのパターンの対応受けました。


①最初から最後まで

プラスの評価を受け続ける。

 

②最初から最後まで

マイナスの評価を受け続ける。

 

③最初はマイナスの評価を受け

その後にプラス評価を受ける。

 

④最初はプラス評価を受け

その後にマイナス評価を受ける。

 

その結果, ③、①、②、④の順で
被験者はX氏に対し好感を持ちました。
つまり、ただ誉めるよりも、最初にけなしてから誉めた方が、好感度が高くなりやすいということです。


もちろん、これは恋愛にも通じることです。この「技」を使うポイントは、ささいなことを少しだけけなして、大きく誉めることです。

 

いくら効果が大きいとはいっても、たとえばみなさんが「キミは太ってるけどかわいいね」と言われたら、最初の「太ってる」という言葉ばかりに気をとられてしまい、誉められたことに気づかないはずです。

 

では、彼のどこを誉めればいいのでしょうか?
自分が強く関心を持っていること、こだわっていることを心理学用語で
「自我関与」といいます。

人を誉めるときは、この自我関与度の高いところを誉めると、よりうれしく感じます。


たとえば、彼が自動車にこだわりを持っているとしたら、運転を誉めてあげましょう。

 

ビジネスで知り合い、まだ相手のプライベートなことを知らないのであれば、仕事ぶりを誉めるとよいでしょう。

 

自分の仕事に関心を持っていない男性はいないからです。