ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

顔の左側に注目すれば、相手の本音がよくわかる

顔で笑って心でなくビジネスはよくあることです、しかし泣いているのは心だけではアリマセン人間は無意識のうちに左側の顔でもないています。

 

仕事で接する人が本音を表情に出すことはほとんどありません。「いい条件の取引だな」

と思ってもブスッとした表情を浮かべ、さらに値引きを迫ってくる人もいますし、内心「ダメだな」と思っていても笑顔浮かべられる人もいます。

しかし本音を100%隠しきる事が出来る人はそういういるものではありません。

特に顔の左側、(あなたから見た場合)は右側には本音が出やすいって言われています。

 

幸福(喜び)の表情、悲しみの表情、怒りの表情、恐怖の表情、驚きの表情、嫌悪の表情。

心理学では人間にはこの六つの基本感情(表情)があるとされています。

 

アメリカの心理学者ハロルド・サッカイムのはその六つの基本感情を表したX氏の顔を写真を半分にし右側だけの顔と左側だけの顔合成

(反転して、片側の顔からひとつの顔をつくり出す)して、被験者たちに見せて、どのような印象を持ったか語ってもらうという実験をしました。


その結果、「幸福の表情」以外の5つの表情は、左側の顔に強くあらわれることがわかりました。ポーカーフェイスを装っている人も、顔の左半分を注意して観察すれば、どのような感情を持っているかわかります。

 

また、子どもたちに、顔の左右で表情の違う人物の絵を一瞬だけ見せて、その絵からどんな印象を受けたか調べたところ、子どもたちは圧倒的に左側の表情についての印象を述べたという実験結果もあります。

 

つまり、相手の表情は顔の左側に出ますが、相手も無意識のうちにあなたの左側の表情に注目しているということ。

 

このことから、商談のときの着席位置の注意点が明らかになってきます。
手の左側の表情(本音)が読めて自分の左側の表情(本音)を隠すことができる場所に座るのがベスト。


間違っても商談相手の右側や、あなたの顔の左側に照明が当たる席に座ってはいけません。