ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

ソクラテスの心理効果であなたの魅力はアップする

気がないふりをされるとなんとなく気になるもの。
ちょっとした拒絶で、彼にもそんな気持ちを抱かせましょう。
いつもイエスじゃありがたみがなくなってしまいます。

 


ギリシャの哲学者ソクラテスが、ある娼婦から質問を受けました。
「私の体をよりすばらしいものとして男に与えるためにはどうすればいいでしょうか」
「1度求めを断わりなさい。そして与えなさい。そうすれば喜びは何倍にもなるでしよう」
ソクラテスは即座にこう答えたそうです。
つまり、求めに少しだけ渋ることが、自分の価値を高めるということです。


次のような実験をした心理学者がいました。

実験者は被験者たちに、あらかじめ別室にスタンバイしている3人の美しい女性を順番にデートに誘うよう命じました。


このとき、3人の女性には次のような返事をするよう事前に伝えてあります。


「いいわよ」とすぐにOKを出すA子


「仕事があるの。でも あなたの頼みだから何とかするわ。いいわよ」
と最初は拒絶するが、最後には承諾してくれるB子

 

「絶対にダメ」と終始拒絶し続けるC子。

 

面白いことに、被験者たちが最も好感を持ったのは、すぐにOKを出してくれたA子ではなくB子の方でした。


なぜ、男性はいったん拒絶したB子の方に好感を持ってしまうのでしょうか?
B子は最初に「仕事があるんだけど」と軽い拒絶をしました。
その拒絶によって男性は「B子とデートしたい」という獲得要求を抑えなくてはならなくなりました。


その拒絶は川をせき止める堰にたとえればわかりやすいでしょう。
堰ができたことによって川の水はたまっていきます。その水と同じように、男性の獲得要求も膨らんでいったのです。


ところが次の瞬間、「いいわよ」という言葉とともに堰が取り除かれます。
たまっていた水(欲求)は大きなエネルギーを放出しながら流れていきます。
この放出を男性は快感と感じるのです。