ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

恋人との距離を縮めたいときは斜め後ろから近付く


彼のなわばりは楕円形です。手薄なのは斜め後ろ。
アタックするときはそこからがキホン。
思い切って抱きついて、おんぶしてもらっちゃいましょうか。

 

前回の記事で紹介しました「なわばり」に関し、もう少しミクロの目で見てみましょう。

 

www.cocokoto.work

 


彼との距離が45センチ以内なら恋人同士といいましたが、そこまで近寄れないと思ってらっしゃる方も多いのでは?

それもそのはずで、接近者が異性の場合、男性が女性に近付くよりも、女性が男性に近付く方が近付きにくい (男性の方が「なわばり」を広く持っているのです。
そんなときには、男性が持っている「なわばり」がきれいな円形ではなく楕円形だということを利用して彼に近付いてみてはいかがでしょうか。

 

男性が持っている「なわばり」は、正面が最も広く150センチ、左右は100センチで、後ろは80センチ前後です。
つまり、真正面から近付くよりも、左右もしくは後ろから近付くと、相手に不快感や警戒感を与えにくいということ。
実際、私が行なった実験によっても、真正面から近付くよりも左右か、やや後ろから近付いた方が相手に不快感を感じさせずに近付くことができることがわかりました。

 

www.cocokoto.work

 ↑の記事で
「カウンター席や深めるためには最適の席や映画館、プラネタリウムの席が親密度を深めるためには最適の席」といっているのも、横からなら彼に無理なく近付くことができるからです。とくにカウンター席なら、肩や肘が触れ合うくらいまで近付いても不自然ではありません。
このようにして彼の「なわばり」に入り込むことができれば、確実に親しさは深まります。

ちなみに、女性が持っている「なわばり」は半径60-70センチとほぼ円に近い形です

また、接近者が見知らぬ同性の場合には、男性が男性に近付こうとするときは左右30センチほどまで無理なく近付くことができますが、女性が女性に近付
とするときには半径70センチ以内にはなかなか近付くことができません。
同性同士の反発力は女性の方が強い傾向があります。