ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

高いプレゼントは 愛の破局をもたらす


好きになるとその気持ちを相手に伝えようと、
どうしても高いプレゼントを贈りがちです。
しかしそれは愚の骨頂。彼の気持ちが離れてしまいます。

 

 

女性から男性へ高価なプレゼントをすることは滅多にないと思いますが、もしそんな気分になったとしても絶対やめておきましょう。高価なプレゼントは恋愛に破局をもたらす可能性大です。

 

相手に最も好意を持たせるプレゼントの方法というのがあります。それは、もらったものと同じ価値のものを贈ること。これからかけ離れた行動をとればとるほど、2人の気持ちにズレが生じます。

 

好きな人にプレゼントをするとき、私たちは「こんなに好きなんです」という気持ちをあらわしたいために、どうしても高価なものを選びがちです。

 

彼に高価なプレゼントを贈ったあなたは満足な気分です。しかし、それは「自己満足」以外の何ものでもありません。


相手に好意を示せば、相手もそれに見合った好意を投げ返してくれるという心理法則があります。「好意の返報性」といい、それはプレゼントにも働きます。


高価なプレゼントをもらった彼は同じ価値のプレゼントを用意しなければと考え、プレッシャーに感じてしまいます。


「気にしないで。見返りは期待してないから」そう言えばプレッシャーにならないだろうと考える人もいるかもしれません。


しかし実験によって、それは誤りだということがわかっています。
被験者に換金可能なチップを渡してゲームをやってもらい、途中で追加のチップとメモの入った封筒を渡します。

メモには

①利息を付けて返してほしい (高義務条件)

②同じ枚数のチップを返してほしい (同一義務条件)

③返す必要はない(低義務条件)

の3種類です。


そのなかで被験者が最も好意的に感じたのは②の同一義務条件で、③の低義務条件は、①の高義務条件と同様に極端に評価が低くなりました。
無償のプレゼントは相手に「何か下心があるに違いない」という警戒心を抱かせてしまうのです。