ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

楽しそうに話を聞いてあげないと、 子どもは話し下手になる


子どもの話をじっくりと聞いてあげていますか?
子どもの話にうなずいたり、笑ったりしてあげていますか?
そうしないと、あなたの子どもは話し下手になってしまいます。

 

 

「ねえねえ、聞いて」
こう言いながら子どもが近付いてきたとき、
みなさんはどうしますか?


「いま忙しいの。あっちいって!」
いけないとわかっていても、忙しとつい邪険にしてしまうのでは?

しかし、あまりそのような対応を続けていると、あなたの子どもは話し下手の大人になってしまうかもしれません。


家の中で話し相手になってくれるのはあなたしかいません。そのあなたに話しかけるたびに嫌な思いをしていると、次第に子どもは会話に対して臆病になり、恐れすら感じるようになってしまいます。これを「マイナスの条件付け」といいます。

 

条件付けといえば「パブロフの犬」が有名ですが、アメリカの心理学者ジョン·ワトソンは人間の複雑な感情も、条件付けによって説明できると考え、赤ちゃんに白いウサギを見せるたびに大きな音をたて赤ちゃんを泣かせるという実験をしました。

 

すると、赤ちゃんは白いウサギが近付いてきただけでおびえて泣きだすようになったのです。これと同じように、あなたに会話を拒絶された子どもは、「会話=怒られる=怖い」と条件付けてしまうのです。


子どもを話し下手にしないためには、あなたが興味を持って話を聞いてあげることです。
たわいのない話でも笑ってあげれば子どもは喜びます。そしてそれが「報酬」となり、会話は楽しいものだと思うようになります。それを繰り返せば、会話のテクニックもおのずと上がっていくはずです。


ところで、「マイナスの条件付け」をされ話し下手になってしまった人はどうすればいいのでしょうか?
まずは親しい人と会話を始めましょう。そして、どのような話をすると相手が喜んでくれるのかを見極めましょう。


子供と同様、相手が喜んでくれればあなたも嬉しいはずです。これを地道に続けていけば、必ず克服できるはずです。