ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

長男·長女はストレスに弱く 末っ子は依存心が強い

「総領の甚六」長男·長女にとっては腹立たしい言葉ですが
残念ながら的を射ている-言葉です。両親が優しすぎるため
長男·長女は控えめでおっとりした性格になってしまうのです。

 

実験によって、長男·長女は他の弟妹にくらべて「親和欲求」高いことがわかっています。親和欲求とは人は不安や恐怖が高まると誰かと一緒にいたいと思うようになります。これを親和欲求といいます。


ある調査では「引きこもり」にな
る人の約8割が長男·長女だということもわかっています。つまり、長男·長女はストレスに弱いということ。本来ならしっかりしなければならない長男・長女が、なぜこれほどストレスに弱いのでしょうか?


初めての子どもはかわいいものです。それはお爺ちゃんお婆ちゃんにとって
も同じこと。最も多い場合には、6人もの大人がよってたかって「かわいいかわいいと世話を焼きます。2人目の子どもが生まれるまで長男·長女は両親や祖父母の愛情を一身に受けて育つことになります。

 

何くれとなく世話を焼いてもらって育った長男·長女が、控えめでおっとりした性格に育つ
のは、想像に難くありません。


しかも、親が自分のそばにいることが当然として育つため、いつも誰かといたい (子どもの頃は必ずお母さんが近くにいてくれたのに)という「親和欲求」が強くなると同時に、
ストレスに弱くなってしまうのです。


2人目の子が生まれると

親にも余裕ができます。

子育てに関するおよそのことは長男·長女のときに学習していますから、

いい意味で「手抜き」ができるようになります。
親が四六時中かまってくれないということは、自由にふるまえる時間が多くなるということになります。しかも、2人目の子どもは常に長男·長女と戦わなくてはなりません。

それらの条件が重なることによって2人目の子は積極的で競争心が強く、しかも自由奔放な性格になります。

幼い頃から戦いや放置を経験しているため
ストレスにも強くなります。


ただし、末っ子だけは両親や兄弟にもかわいがられて育つことが多いため、
依存心が強くわがままな性格になります。

年上しかいない家庭で育つため、いつまでも子どもっぽいところが残るのも末っ子の特徴です。