ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

少年野球のポジションどりで 子どもの性格を知る


あなたの子どもは
少年野球チームに入っていますか?
もし入っているとしたら、
性格を知る絶好のチャンスです。
子どもの性格はどのポジションを
希望するかでわかります。

子どもが少年野球をやっている方も多いと思いますが、彼らがどのポジションを目指しているかで、
その性格をおおよそ知ることができます。

 

たとえば、ピッチャーをやりたいと
思っている子は、自信家で目立ちたがり。
お山の大将になりたいタイプです。
チームのキャプテンになりたいという、
気持ちは強いのですが、
そのわりに責任感がありません。
わがままなところがあるので、
そこを助長しないよう注意しましょう。

 

キャッチャーをやりたがる子は
縁の下の力持ちタイプ。
他人には評価されなくても、
高い自己満足度と自己肯定度を持っています。

たとえば生徒会長よりも、それを陰で支える
書記や副会長に向いているタイプで
攻守のかなめとなる内野手をやりたがる子は、
みんなから注目を浴びたいと
思っているタイプです。

ミスをしてもめげない気丈なところがありますが、悪くいえば出しゃばりでときとして
独り善がりなことを
してしまうことがありますから、
その辺

に注意してあげましょう。
ヤンキースの松井選手のように、守備よりもバッティングで活躍が目立つ外野手をやりたがる子は派手好きで活動的なところがあります。うまく調子にの
せると、親が驚くくらい凄い力を発揮することがありますが、残念ながら長続きしません。

短気なところがあり、地道に努力するのを嫌うタイプの子が多いので、
努力の大切さを教えるように
してあげるとよいでしょう。

ところで、野球やサッカーのように集団で闘うスポーツを好む子には、秩序や上下関係を重視するタイプが多いようです。
また集団で行動することから「人と一緒にいたい」という親和欲求の強い子供とも言えます。

それに対し、1対1で闘うスポーツを選ぶ子は、感情をストレートに出すタイプです。