ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

矛盾することを言っていると 子どもは自我が崩壊する

子どもはあなたに愛されようと必死に努力しています。
あなたが矛盾したことを言うとどうしたらいいかわからなくなり
人間不信に陥り、やがて自我が崩壊してしまいます。

 


「太郎君、
こっちへおいで。だっこしてあげるから」
積み木遊びをしていた太郎君は
喜んで立ち上がりました。
そのときちょうど電話が鳴りました。

出るとあなたの友人です。
近付いてきた太郎君に対し、あなたはつい
「後にして」とぞんざいに 言ってしまいます。
それを開いた太郎君はダブル·バインド状況に陥ってしまいます。

ダブル·バインドとは二重拘束ともいい、矛盾した2つのメッセージを同時に送られることをいいます。
「おいで」と言われて来たのに「後にして」と拒絶された太郎君は、どうした

らしいのかわからなくなってしまいます。
このダブル·バインド理論を唱えた人
類学者ベイトソンは、親からダブル·バ
インドメッセージを受け続けた子どもは
人間関係に不信感を持ち、最悪の場合、
自我が崩壊してしまうこともあると警告
しています。

 

ダブルバインドの状況に置かれた人は


①しゃべらなくなる。
②相手の話を聞かなくなる。
③その場から逃げ出すという。


3つの反応を示します。もし、子ども
がそのような反応を示したら、

自分の一言っていることに

矛盾がないかたしかめてみてください