ココロノコトワリ

ココロノコトワリでは、子育てに役立つ心理学や彼を落とす恋愛テクニック、仕事で活用できる心理学など様々シチュエーションで使える心理学を紹介しております。

高層階に住んでいると子供は自立が遅くなる

都会のど真ん中に次々と完成する高層マンション。
ステータスは手に入るものの、失う物も少なくありません。
特に子供がいる場合には、あまりお勧めできません。

最近あちこちに20階を超えるマンションが建つようになりました。
このような超高層マンションは経済的な豊かさを感じさせる
ステータスシンボルとして人気が高いようそうです。

しかし、このようなマンションの高層階(6階以上)に住む子供たちは、
低層階(5階以下)に住む子供たちよりも自立が遅いことがわかっています。

東京大学医学部が高層マンションに住む6歳以下の子供たちを対象に
アンケート調査を行った結果、自分で洋服を着ることができると答えたこどもの
割合が低層階では79%だったのに対し高層階では48%

同様に靴が自分で履けると答えた子供の割合は、
低層階では82%だったのに対し高層階では48%にとどまりました。

調査項目は11に及びましたが、そのすべての項目で高層階に住む
子供たちのポイントは低層階の子供たちより低くなりました

これは高層階に住む子供ほど外出する機会が少なく、
親の干渉を受けやすいためだと考えられています。

イギリスでは1970年代に同様の調査が行なわれ、マンションの上層階に住んでいる母子は
心身症になりやすいという傾向が判明していました。イギリス政府はこの調査結果を受けて
公営の高層住宅の建設をストップし、2人以上子供がいる家族には、庭のある家を斡旋しました。

高層マンションは大人にも微妙な心理的影響を与えます。10階以上の高層階を選ぶ人は
上昇志向が強く、まわりの人を見下す傾向があるようです。また、
好き嫌いが激しく、隣人との付き合いを避けたがるという特徴も指摘されています。

高層階に住んでいると無意識のうちにストレスがたまるため、引っ越しをしてきてから
イライラしたり情緒不安定になったという人も多いはずです。

設備もすばらしく夜景も美しいでしょうが、高層マンションは人に優しいとはいえません。